銭屋五兵衛記念館

銭屋五兵衛の人物像

 銭屋五兵衛は安永2年(1773)11月25日加賀国宮腰(現在金沢市金石町)に生まれる。六代前の吉右衛門から両替商を営み、屋号を銭屋と称していました。
 祖父から五兵衛を名乗り、父弥吉郎(六代五兵衛)の時には金融業、醤油醸造業の傍ら一時海運業も営んでいました。 
17歳で家督を継いだ五兵衛は新たに呉服、古着商、木材商、海産物、米穀の問屋なども営むが北前船を使って海運業に本格的に乗り出すのは、50歳代後半からでその後約20年間に江戸時代を代表する大海運業者となる。加賀藩からは銀仲棟取(ぎんずわいとうどり)問屋職、諸算用聞上役(しょさんようききあげやく)をおおせつかり藩の金融経済の大切な仕事に尽くし、たびたび御用金の調達もいたしました。
 晩年は河北潟干拓事業に着手するが死魚中毒事故にかこつけた、反対派の中傷による無実の罪で嘉永5年(1852)11月21日獄中で80歳の生涯を終えた。

銭屋五兵衛銅像・銭屋五兵衛肖像
 
北前船の石川県銭屋五兵衛記念館
Copyright (C) 2000 - Zeniya Gohei Memorial Museum. All rights reserved.